"機械学習","信号解析","ディープラーニング"の勉強

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HELLO CYBERNETICS

深層学習、機械学習、強化学習、信号処理、制御工学などをテーマに扱っていきます

人工知能

NIPSの採択論文から見る機械学習の動向 [更新]

12月に開かれる機械学習のトップカンファレンスであるNIPS。ここで採択された論文から、近年の機械学習手法の研究動向を見てみたいと思います。 NIPSとは 検索ワード ディープ(deep) スパース(sparse) 最適化(Optimization) 強化学習(Reinforcement learning…

カーネル法

ディープラーニングが現れる以前の機械学習で一斉を風靡した学習機械と言えばSupport Vector Machine(SVM)ですね。このSVMが大活躍した背景には、線形回帰・分離の手法を非線形へ拡張するカーネル法の存在がありました。 今回はそのカーネル法について解説し…

サポートベクターマシン(support vector machine:SVM)の基礎

線形識別器の代表格としてサポートベクターマシンを取り上げます。 機械学習で一躍有名となった手法の1つで、ディープラーニングが流行る以前は「え、まだニューラルネットやっているの?時代はサポートベクターマシンでしょ」と言った雰囲気でした。今はな…

フィッシャーの線形判別

フィッシャーの線形判別は、データを分類する際に統計学の分野で古くから使われている手法です。「判別」という言葉が付いていますが、事実上これはデータを分類するための都合の良い線形変換を見つける手法だと言えます。フィッシャーの線形判別は主成分分…

線形識別モデルの基本

久々の更新になります。 今回からしばらく、線形識別モデルについて記述していきます。 線形識別モデルは、データに対して、そのデータがどのクラスに属するかを分類する最も基本的な方法です。非線形な識別を考える上でも、基本的にはこの線形識別モデルが…

ニューラルネットの表現力と回帰分析

機械学習といえばニューラルネット・ディープラーニングという印象の方も多いと思われます。実際、ニューラルネットはそのアーキテクチャによって様々な種類のデータをうまく扱うことができます。今回はニューラルネットに対して、いろいろなアーキテクチャ…

フィードフォワードニューラルネットワークの基本

今回はニューラルネットワークの話をします。 僕のブログに行き着く人の多くは「ニューラルネットワーク」とか「ディープラーニング」とかで検索している人が多いみたいなので、きっと最も需要がある項目なのでしょう。 ディープラーニングをやるにしても、…

次元の呪いについて再考

最近の機械学習はディープラーニングによって大いに発達し、様々な分野で精度の記録を更新する大躍進を起こしています。しかしその活躍も計算機の設計や多くの学習パラメータの調整にしわ寄せが行っているだけの話で、膨大な次元のデータがもたらす次元の呪…

人工知能の歴史 AIを如何にして達成しようとしたか

※めちゃくちゃ長いです。一連の流れで読むと理解が深まると思います。自身の復習のためにも書き下しました。個々の章で完結しているので、それぞれ別の記事としても掲載しています。 近年は人工知能ブームが到来し、人工知能というワードを当たり前のように…

パーセプトロンの概観とディープラーニングへ

パーセプトロンとサポートベクターマシンの考え方の違いをまとめます。 いずれも線形分離を達成するための手法ですが、線形分離ができない場合はそれぞれ違った手法で線形分離ができそうな問題へと変換していきます。実を言うと幾何的には両方とも同じ処理方…