読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"機械学習","信号解析","ディープラーニング"の勉強

"機械学習","信号解析","ディープラーニング"について、それぞれ勉強しながらブログにまとめていきます。テーマは気分によってバラバラかもしれません。

プリンシプル・オブ・プログラミング

プリンシプル・オブ・プログラミング 一生役立つ101の原理原則 目次 内容 誰にオススメか

IPA:システム監査の受験を目指して

システム監査技術者 役割と業務 受験の日程 受験を目指す動機 勉強の方法 前回の経験 勉強の手始め 試験勉強の方法

ユーザーローカルのテキストマイニングツール

テキストマイニング テキストマイニングとは テキストマイニングを試すツール ユーザーローカル テキストマイニングを試す 例文で試す 共起ネットワーク ワードクラウド 単語のスコアと出現頻度の表 ブログの記事で試す 共起ネットワーク ワードクラウド 単…

本ブログの記事まとめ

記念すべき(?)100記事目ということで、ブログの記事を見直し、まとめました。 はじめに ニューラルネットワーク関連 ニューラルネットの学習 ニューラルネットの基礎 深層学習への発展 機械学習の基礎数学関連 機械学習と数学の勉強 機械学習に現れる…

量子コンピュータとは一体?量子論の基礎

はじめに 量子論 量子論の難しさ 量子論の始まり 力学の誕生 電磁気学の主張 2つの物理学から導かれる結果 エネルギーの量子化 電子が波である根拠 重要な解釈 波と粒子の二重性を認めた後 シュレーディンガーの方程式が示すもの トンネル効果 量子コンピュ…

今更気づいたアマゾンでの書籍探し

はじめに ユーザーレビューは参考になるか 星の数 レビューの内容 機械学習やプログラミング関連の本を探す アメリカのアマゾンを活用 機械学習の書籍に関して キンドルアンリミテッド 日本のアマゾン活用 機械学習関連について アメリカアマゾンへのアクセ…

機械学習初心者の勉強方針まとめ

はじめに 最初の一歩を間違える 勉強の方針まとめ 巷で有名な教科書を読む 参考記事 流行りのフレームワークを入れる 参考記事 インターネットで知識を詰め込む 参考記事 目的と合っていない手法に着手

勉強と読書

勉強 勉強の目的 いかに勉強を始めるか 勉強のテーマをころころ変えていいのか 読書 読書とは 読書で他者の追体験をする 既に興味がある、ある程度知っている分野の本を読む 新しい分野に手を伸ばす Kindle unlimited

書評:プログラムはこうして作られる

プログラムはこうして作られる 本の特徴 考え方中心 ときには回り道をする 特定の言語に捕われない メモリの概念 本書の対象者 基本的には全くの初学者から初心者に向けて 初心者以外の対象者 最後に

応用情報技術者試験に合格する具体的な手順

応用情報技術者試験 応用情報技術者試験とは 応用情報技術者試験の価値 外的な価値 内的な価値 応用情報技術者試験の範囲と形式 試験範囲 試験の形式 合格のために具体的に取り組んだこと 応用情報技術者試験について調べる 問題1つ1つが高難易度というわけ…

Chainerによる実践深層学習

はじめに 1からプログラミングする ライブラリを用いる 結論 悩むべき理由 Chainerのアップデートが早い 畳み込みニューラルネットワークは扱われていない テーマ自体がバラバラの印象 誰が買うべきか 余談

信号解析と機械学習とあとは個人的見解

信号解析の基本手法:フーリエ級数展開 フーリエ級数展開 回帰問題とフーリエ級数展開 特徴量抽出としてフーリエ係数 機械学習における基本手法 ニューラルネットワークの回帰 表現力の高さとは 無駄な働きとは 個人的見解 特徴抽出 しっかり学ぶためには 新…

確率・統計の書籍紹介「経済数学の直感的方法」

直感的方法 経済数学の直感的方法 確率・統計編 なぜ経済数学? Why?の視点 数学的レベル 一貫して発展の経緯と本質的な部分を捉えている どのような人にオススメではないか 誰に特にオススメか

手を動かすことも大事です

雑談 メアリーの部屋 現実の話 手を動かすことも大事

分類問題における新たな活性化関数「Gumbel-Softmax」

メモ用記事 Gumbel Softmaxの論文 活性化関数 中間層の活性化関数 出力層での活性化関数 良いらしい

「ゼロから作るDeep Learning」書評。購入を迷っている方へ

結論 理由 実装がライブラリに依存していない しっかりと解説が行われている リファレンスが充実している 計算グラフによってネットワークの計算を扱う 中身 誰におすすめできるか 誰におすすめできないか 私が本を購入して

今更ながら深層学習の書籍

深層学習の書籍は何冊か所持していますが、深層学習の勉強が進み、今改めて見ると本に対する印象がだいぶ変わったように思います。今回は、理解が進んだ今だからこそ見える書評してみます。 深層学習の書籍 深層学習(機械学習プロフェッショナルシリーズ) …

ネットワーク概論:物理層

物理層の役割 多くのビットを送信する方法 ブロードバンドとナローバンド 物理層での技術 伝送の誤りと雑音 同軸ケーブル 光ファイバー より対線 通信方式 IEEE802.3によるLANの規定 無線LAN 無線LANの種類 無線LANの基本構成 その他の層

ネットワーク概論:目次

最近は「Big Data」、「Internet of Things」、「Deep learning」がITのキーワードとなっています。近い将来、IOTですべてのものがインターネットに接続されるようになり、そしてそれらから多量の情報がネットワーク上に流れるようになります。そして深層学…

ニューラルネットワークが導入されたGoogle翻訳の実力検証

Googleと言えば人工知能研究に最も力を入れている企業の1つです。 特に近年発展しているニューラルネットの研究に関しては非常に力を入れています。特にDeepmindは機械学習の著名なカンファレンスであるNIPSに毎年論文を採択されており、応用分野だけでなく…

【知識なしで読める】ディープラーニングに纏わる人工知能の本

以下の本が、無償で公開されていたので紹介しておきます。 読むためにはKindleのインストールが必要です。スマホの方はそれぞれアプリストアから、PC版の方はそれぞれOSに合わせて以下からダウンロードしてください。 Kindle for PC (Windows) [ダウンロード…

数学の教科書について

はじめに s0sem0y.hatenablog.com この記事で数学に関して勉強したいという場合に参考になる本を紹介したいと思います。 しかし個人的には数学の本を一冊ガッツリやって機械学習に移るというよりは、機械学習を学びながら必要な数学は調べていけばいいかなと…

5Gのビジョン:2020年に向けた通信技術とV to X

「G」は世代(Generation)のGで、従って4Gというのは第4世代通信ということです。スマホ以前のガラケーと呼ばれる携帯電話が主流だった時代は、3G通信がまさに最新の通信技術でした。それがあっという間に次の通信規格LTE(3.9G)が現れましたね。実は新たな通…

書籍紹介:深層学習

深層学習(機械プロフェッショナルシリーズ) 昨年発売された深層学習の書籍を紹介します。 機械学習プロフェッショナルシリーズは、理研の革新知能統合研究センター長の杉山将氏が監修している機械学習全般に関する書籍のシリーズです。現在も着々とシリーズ…

機械学習・信号処理・制御工学について関連性も踏まえて

機械学習・信号処理・制御工学はそれぞれ重なってくる部分も多く、これらの関係性を把握しておけば、互いに異なった分野で蓄えられた知見を上手く使って問題解決に活かされるかもしれません。 将棋のような探索を応用する分野では、最適制御の知見を使いBona…

書籍紹介:これなら分かる応用数学教室

今回は「これならわかる応用数学教室、共立出版」を紹介します。 これなら分かる応用数学教室―最小二乗法からウェーブレットまで 作者: 金谷健一 出版社/メーカー: 共立出版 発売日: 2003/06/01 メディア: 単行本 購入: 17人 クリック: 123回 この商品を含む…

書籍紹介:ベイズ信号処理

ベイズ理論を使うとハイパーパラメータの推定をアルゴリズムの中に組み込むことができるため、交差検定などで試行錯誤的に得ていたパラメータを最適化で得られることになります。機械学習や信号処理の分野で、データをベイズ理論を使って解析していく試みが…

人工知能を語る前に、脳について知りたい

人工知能の研究が始まってから60年が経ちます。 現在まで様々な手法が試されてきましたが、現在人工知能開発の主流になっているディープラーニングは脳の活動の模倣によって発展しました(従来からニューラルネットワークとして、脳の神経の構造を真似ること…

驚くべきロボット技術!

ロボットといえば非常に機械的な印象を受けます。電気を動力源に、様々なアクチュエータを制御することで、正確無比な動作を行う産業用ロボットなどが活躍するようになってから長い月日が経ちました。「機械化・自動化」などをキーワードに、実用的なロボッ…

トヨタ自動車の人工知能開発 TRIの研究拠点がさらに追加

GoogleやMicrosoftなどの米国IT企業が人工知能開発で激しい競争を繰り広げている中、日本の巨大企業トヨタ自動車も今後5年間で総額10億ドル(1年の平均2億ドル)の投資を見込んで、人工知能開発の拠点をアメリカに整えると発表しました。文科省が2016年に人…

念じるだけでモノを動かすBCI

昨日ですかね。筋萎縮性側索硬化症で体が動かなくなった患者さんの脳波を、頭皮上に当てた電極で読み取ることで意思伝達をしている映像をテレビで見ました。 この分野はBrain Computer Interface(BCI)とかBrain Machine Interface(BMI)などと呼ばれている分…

人工知能の歴史 AIを如何にして達成しようとしたか

※めちゃくちゃ長いです。一連の流れで読むと理解が深まると思います。自身の復習のためにも書き下しました。個々の章で完結しているので、それぞれ別の記事としても掲載しています。 近年は人工知能ブームが到来し、人工知能というワードを当たり前のように…

機械学習における最適化と統計物理の発想

機械学習では何らかの評価関数を最小化(あるいは最大化)することで学習を行います。 もしも評価関数が凸関数ならば勾配法によって確実に最適解を得られます。しかし機械学習においては評価関数はかなり複雑になるケースが多く、単純な勾配法では最適解は得…

囲碁ソフトAlphaGoと人工知能開発

畳み込みニューラルネットワーク 畳み込みニューラルネットワーク(CNN)は、画像処理で非常に大きな成果を上げてきました。このニューラルネットワークは対象の位置構造・距離構造に意味がある場合に力を発揮します。 画像はその色(データ)の位置関係が意…

機械学習の書籍紹介

機械学習の勉強に使える書籍を紹介します。全て自身が所有しているモノを紹介します。 パターン認識と機械学習 上・下 パターン認識と機械学習 上 作者: C.M.ビショップ,元田浩,栗田多喜夫,樋口知之,松本裕治,村田昇 出版社/メーカー: 丸善出版 発売日: 2012…